エステで行うニキビケア

エステサロンでニキビケアをお考えの方にメニュー紹介や注意点の紹介

ニキビケアをエステサロンで

ニキビのお悩みを抱える方の中には、エステに通うことを、解決方法として考えている方も多いのではないでしょうか。もちろん、エステも解決には大きな役割を果たすでしょう。しかし、自宅でのスキンケアも、ニキビケアには大変重要なことです。エステと自宅、この両方でのケアを併用することで、症状の改善も一層効果的になり、きれいな肌への近道になるといえるのです。

実際、エステサロンでは自宅でのケア用に、専用化粧品を勧めたり販売している場合もあるといいます。ただ注意しなければいけないのは、いずれのエステも決して安い金額とはいえないということです。自分にあったエステや化粧品はどれかをよく検討し、ニキビのない、美しい肌を手に入れたいものです。

エステサロンでできるニキビケア

フォトフェイシャル

ニキビにお悩みの方は、「エステ」という解決方法もあるので、一度検討されてはいかがでしょうか。数多くあるエステの中でも「フォトフェイシャル」は、ニキビだけでなく、お肌の若返りをお望みの方にもおすすめのエステといわれています。

この「フォトフェイシャル」は光を当てておこなうのですが、この光がメラニンなどの色に反応すると、光エネルギーが熱に変化しターゲットにダメージを与えます。ニキビやニキビ跡、肌のシミや色素沈着といったものに効くといわれます。また、広帯域の光をあてることで、コラーゲンの再生を促進し、肌本来の美しさを取り戻してくれるそうです。「フォトフェイシャル」は、肌全体が若返る感じがすると、アンチエイジングにも最適なエステといわれています。

LEDダイオード

耳慣れない方もおられるかもしれませんが、「LEDダイオードエステ」というものがあります。LEDダイオードとは、「発光ダイオードを使った光」のことです。LEDダイオードの光の色には、白・赤・青がありますが、この中でニキビ治療に適しているのが、青色のLEDダイオードだといわれています。

青色LEDダイオードのエネルギーを、皮膚の深層部まで到達させ、肌のターンオーバーの促進・コラーゲンの再生をうながすというエステ方法です。また青色LEDダイオードは、ニキビの原因といわれるアクネ菌を死滅させ、皮脂の分泌を抑え、ニキビのできにくい肌へと改善してくれます。特に敏感肌の方は、肌への刺激も少ない「LEDダイオードエステ」はおすすめのエステといえるでしょう。

レーザー

「レーザー治療」は、皮膚の上からレーザーを照射し、肌内部に光線を透過させるという方法です。レーザー光線には殺菌効果があるので、ニキビの改善につながるといいます。また、毛穴の中に詰まっている古い角質や余分な脂質を溶かして排出させるので、ニキビ跡の治療にも適しているといわれます。レーザーには、クールタッチレーザーや炭酸ガスレーザーなど様々なタイプがあります、麻酔クリームや冷却ガスを併用するので、痛みはほとんど感じないそうです。

ビタミンC導入エステ

ニキビに効果的としておすすめな施術はいろいろありますが、一般的なもので、「ビタミンC導入エステ」をご存知でしょうか。皮膚に浸透しやすいように、ビタミンCをリン酸塩に換えたものが「ビタミンC誘導体」です。そもそも、ビタミンCはシミ・ソバカスに効果的といわれる成分です。また、皮脂の分泌を抑える働きも持っているので、ニキビにも効果があるとされています。そのビタミンCをビタミンC誘導体に置き換え、イオンの器具を用い肌に浸透させていくという方法で、皮脂分泌を抑制し、ニキビができにくい肌に導いてくれるのが「ビタミンC導入エステ」です。また、コラーゲンの分泌を活発にし、皮膚のターンオーバーを促す効果もあるので、メラニンの生成の抑制・色素沈着にも効果を発揮するといいます。

ニキビ跡に電気洗浄

ニキビ跡の治療として、毛穴を電気洗浄する治療法があるのをご存知でしょうか。ニキビ専門サロンなどでは、毛穴の電気洗浄を行っている場合が多いといいます。その方法は、まずニキビのある箇所に電極をのせてイオン分解します。通常ではなかなか浸透しない水分を、ニキビのある箇所に浸透させ殺菌するのです。毛穴の電気洗浄を行うと、化膿したニキビに溜まっている菌などの毒素が、洗い流されるそうです。また、跡が残らないように、毛穴の汚れ詰まりといったものも一緒に洗い流されるといいます。

ホルモン治療

女性ホルモンを補い、ホルモンバランスを整える治療に、低(または中)容量ピルがあります。女性の約9割の患者に、効果があるといわれているようです。抗男性ホルモン作用のある黄体ホルモン配合の「ダイアン35」や、男性ホルモン作用の少ない「マーベロン」などがあるそうです。ただし、ホルモン治療には、副作用がある場合があるので、医師と相談の上、服用してください。

また、あごのラインに出るニキビに効果があるとして、抗男性ホルモン作用を持つ、アルダクトンという治療薬もあります。ただし日本では、心不全の利尿剤として許可されていますが、残念ながら治療薬としては許可されていないそうです。いずれもホルモン治療は、専門の医師と相談して行うようにしましょう。

プラセンタ注射

ホルモンに的を絞った治療「プラセンタ注射」はいわゆる胎盤エキスのことで、これを注射することで、全身の細胞が活性化され、細胞レベルが若返り、ホルモンバランスが整えられるといわれています。

また、プラセンタには免疫力を高める機能も備わっているといいます。この、プラセンタ注射によるニキビ治療は、約2~3回で効果が出るのだそうです。ちなみに、プラセンタにはの点滴による治療もあるというので、注射が苦手な方にも安心して治療を受けて頂くことができるようです。