ニキビとは?

ニキビの種類とその症状や原因

様々なタイプのニキビ

鼻ニキビとは

顔の中でも、鼻にできるニキビは、よく目立つもので、とても気になるでしょう。鼻のまわりと内側の両方にできるニキビを総称して、鼻ニキビといいます。鼻の外側、まわりにできるニキビは、Tゾーンの皮脂の過剰分泌と、肌のターンオーバーの乱れによって、毛穴のつまりが原因とされています。

日焼けをすると、よく鼻から赤くなりますが、鼻は外的刺激を受けやすいところです。洗顔をはじめ常にケアをしましょう。鼻の内側にできる鼻ニキビは、鼻炎や鼻のかみかたが悪い人や、鼻孔をつつく人に多く、鼻腔が炎症を起こしてできたものです。痛みも伴うので専門医の診断を受け、治療することをおすすめします。

白ニキビとは

かなり目立ってしまう白ニキビは、初期段階にあたり、皮膚の内側から白く透けていることから、白ニキビと言います。少し盛り上がっているために、お化粧で隠そうとしても、なかなか隠し切れません。肌の汚れやほこり、古い角質で毛穴が塞がれてしまうためにできたもので“コメド”と呼ばれています。

出来る原因として、毛穴の詰まりによる皮脂の滞留が肌へのターンオーバーの乱れや日常のスキンケア不足が考えられます。古い角質がはがれ落ちずに残ってしまい、毛穴の周辺に汚れとともに溜まり毛穴を塞いでいるのです。

また、皮脂の過剰分泌も考えられ、毛穴に落ちた汚れや古い角質を、皮脂が毛穴の内に溜まりやすくして、必要以上に皮脂の過剰分泌を促す原因となってしまうのです。過剰な皮脂の分泌がホルモンバランスの崩れとなって白ニキビの原因になっているのです。ホルモンバランスが崩れれば、その他多くの病気を招くことになりかねません、ですから、普段からのケアが大切です。

黒ニキビとは

不潔そうに見えてしまう黒ニキビは、白ニキビ同様に、ニキビの初期段階にあたり、鼻の部分にできることが多いようです。皮膚の内側から盛り上がり、皮脂の入り口部分が黒く変色してできたものです。肌の汚れやほこり、古い角質で毛穴が塞がれ皮脂が溜まり、溜まった皮脂が皮膚の外側に盛り上がってできた状態をいいます。

この段階で正しいケアを行うことによって、ニキビ跡になる可能性は低いといわれています。肌のターンオーバーの乱れや日常のスキンケアが不十分だと、古い角質が残ってしまい、毛穴の周辺に溜まり始めます。毛穴に入り込んだ古い角質は、皮脂と絡み合いコメドを生成し、蓄積されて皮脂が酸化し、変色することによって黒ニキビになっていきます。また、皮脂の分泌もストレスやホルモンバランスの崩れから伴うので、ストレスを上手くコントロールすることが、過剰に皮脂を分泌することなく予防することになるのです。

赤ニキビとは

触るととても痛い赤ニキビは、黒ニキビが更に悪化した状態で、毛穴内の皮脂を栄養とするアクネ菌が増殖し、その代謝物が毛穴と皮下組織に赤みをおびた炎症を起こさせた状態で、かなり悪化している状態です。

赤ニキビは、皮下組織が破壊されはじめるので、元の肌に戻るのは非常に困難です。肌のターンオーバーの乱れや、生活習慣、食生活の乱れ、紫外線による外的刺激も加わり、硬くなった表皮がいつまでも剥がれ落ちずに残り、結果的に毛穴を詰まらせてしまいます。

また、過剰な皮脂の分泌が、古い角質を毛穴の中に溜まらせたため、必要以上の皮脂分泌が何度も行われて、アクネ菌が増殖し、炎症をおこしたことでできます。早い段階での、ケアがいずれも大切になってきます、是非生活習慣の見直しを行ってください。

黄ニキビとは

ニキビは4段階に分かれますが、黄ニキビは、一番重症の状態とされています。黄ニキビは、膿ほうニキビまたは化膿ニキビとも呼ばれ、毛穴周辺の組織から、真皮にいたるまで炎症を続け、悪化・化膿し、真皮内に膿がたまり、大きく腫れたものです。

さらに重症になると、痛みが伴い、黄ニキビが破裂してしまいます。化膿して膿が出ることにより、自然に治る場合もありますが、黄ニキビは、治癒しても跡(凹凸や色素沈着)が残ることがあり、非常にやっかいです。症状も多様なので、専門医による適切な処置を受けることと、日頃の肌のケアが大切です。

毛膿炎とは

ニキビに似た症状のひとつに、毛膿炎があります。毛膿炎とは、むだ毛処理や脱毛をしたとき、毛穴からばい菌が入り、毛根の周辺が赤みを帯びて、炎症を起こした状態のことです。患部が広がったり、色素沈着やケロイド状の傷跡が残ることがあるので、適切な治療が必要です。症状がニキビに似ているので、間違った治療が行われる可能性が高く、注意してください。違いとしては、ニキビには、芯のようなものがあるということです。潰したとき、でてくるごま状のもので、酸化した皮脂と角質が固まってできたものです。毛膿炎は、むだ毛処理の器具が清潔でない場合に起きやすく、自宅では、器具の消毒や脱毛クリームを使用しましょう。

吹き出物とニキビとの違い

よく「吹き出物」といいますが、ニキビとの違いは何でしょうか。思春期のニキビは、「吹き出物」とはあまりいいませんが、大人になると、「吹き出物」という言葉がよく使われます。実は、「吹き出物」はニキビと同じもののことをいいます。ですから、「吹き出物」の原因も、ストレスや食生活、ホルモンバランスの乱れや化粧品など同じです。

専門医の皮膚科では、「吹き出物」もニキビも、尋常性座そうという病名が使われ、時には、顔の鼻より上にできるものをニキビ、首や口の周りにできるものを「吹き出物」と、区別して呼ぶこともあると聞いています。毎日お肌を清潔に保ち、気になれば、専門医の診察を受けてください。

ニキビと赤ら顔の関係

赤ら顔の原因として、心理的なものがありますが、それ以外の原因の中には、ニキビに関係のあるものが含まれています。まず、赤ら顔の第一の原因として、皮膚が薄く毛細血管が透けて見えることが挙げられます。人の顔には、毛細血管が多く、表皮の薄い人は、毛細血管が透けて見え、赤ら顔になります。

その他の原因として、肌の炎症や間違ったスキンケアによるものでは、角質がはがれ、異物が進入することで、毛細血管が拡張し、赤ら顔になります。過剰な皮脂排出によるものは、排出された皮脂が酸化することによる刺激の強さで、毛穴周辺が炎症をおこして、赤くなります。ニキビの発症に伴うものは、多発部分全体の皮膚が赤くなります。このように、ニキビと赤ら顔には、密接な関係があるといえます。