ニキビに良いクレンジングとケア石鹸

にきびに効果的なクレンジングとケア石鹸

ニキビのクレンジング

クレンジング剤はさまざまな種類がありますが、ニキビに適するクレンジングは、一体どのようなタイプのものを選ぶのがよいのでしょうか。あまりに洗浄力の高すぎるクレンジング剤は、肌に本来備わっている「バリア機能」を壊してしまう可能性があります。この肌のバリア機能が壊れると、乾燥肌になってしまい、かえってニキビを悪化させてしまうことにもなりかねません。洗浄力が比較的高いようなオイルタイプのものは出来るだけ避けるほうが賢明かもしれません。油分や化学物質がなるべく含まれていないクレンジング剤は、肌への負担が少ないそうなので、ニキビ肌のクレンジングにはお勧めです。

おすすめのクレンジング製品

夢肌せっけん

夢ピュア化粧品の「夢肌せっけん」は、ニキビケアせっけんとしておすすめする、海洋深層水の海塩を配合した、マリンミネラルたっぷりの自然派洗顔せっけんです。お肌に優しい100%植物性原料のせっけん素地を使い、鉱物油無添加、無香料、無着色です。夢ピュア化粧品の「夢肌せっけん」は、じっくり手間暇かけて、昔ながらの製法で作られた、ニキビケアせっけんです。100g、1,575円。せっけん素地は海塩(海洋深層水)・ラベンダー油が全成分になります。

つるるとさらり

筑前博多丹念せっけん「つるるとさらり」は、日本独自の竹炭と納豆を使用して、丹念に仕上げられた自然派せっけんです。ポリグルタミン酸を使用し、殺菌・保湿に効果のある天然アミノ酸である黒酢粉末を配合。ニキビケアに最適なせっけんです。

さらに、竹炭の微粉末によるスクラブ効果や、オレンジオイルで毛穴の汚れも落とし、汗のにおいも一緒にとってしまいます。筑前博多丹念せっけん「つるるとさらり」ハイグレード(洗顔用)は、110g、2,730円(税込)。

ノブアクネソープA

常盤薬品の「ノブアクネソープA」は、医薬部外品のニキビ肌用せっけんで、ケアに最適です。肌に適度なうるおいを残し、洗顔後もつっぱり感が気にならない、やさしい感触のせっけんで、硫黄は配合されていません。無香料・無着色・低刺激性で、アクネ菌の栄養源となり、ニキビ悪化の要因ともなるオレイン酸を除去したもので低級脂肪酸を使用していないことです。使用方法は、ぬるま湯で軽く洗顔し、両手でよく泡立て、顔を包むように洗います。

すすぎは、十分に行い、特に髪の生え際や小鼻の脇などは丁寧にすすぎましょう。標準重量70g、800円(税込840円)です。

レチノイン酸クリーム

自宅でできるレチノイン酸クリームを使う方法があります。アメリカのFDAの認可を受けているニキビ治療の医薬品として、レチノインはあります。レチノインは、ニキビ・しわの治療薬とされています。ニキビ跡対策にレチノイン酸クリームを使う効果は、以下が挙げられます。

  • 皮質をはがし皮脂の排出を促すこと
  • 皮脂の分泌を抑制すること
  • 表皮の細胞の再生を促すこと
  • 表皮のヒアルロン酸の分泌を高めるため保湿力が向上すること
  • 真皮でのコラーゲンの生成を促しニキビ跡の凹みを改善すること

また、副作用として、塗った部分の肌が赤くなること・日光に過敏になること・催奇性の可能性があり避妊が必要なことが挙げられます。レチノイン酸クリームを使うことは、副作用のことも考えて、専門医の指導を受けることをおすすめします。