ピーリングとは

「ケミカルピーリング」・「クリスタルピーリング」・「ダイヤモンドピーリング」など、ピーリングの解説

様々なピーリング

ニキビでお悩みの方に、「ピーリング」というケアがあるのをご存知でしょうか。ニキビに効果的といわれており、ピーリングの種類もいろいろあります。具体的に見てみると、まず「ケミカルピーリング」があります。これは肌に酸性の薬を塗布し、肌の表面を溶かすというもので、古い角質を取り除き、お肌のターンオーバーを助けます。ピーリングの中には「ケミカルピーリング」・「クリスタルピーリング」・「ダイヤモンドピーリング」などいろいろな種類が存在しています。

「クリスタルピーリング」というのは、マイクロクリスタルや、工業用微少ダイヤモンドを使い、角質を除去する方法で、ケミカルピーリングよりも、角質をはがす力が高いといわれています。「レーザーピーリング」というものあります。レーザー光線を肌にあて、古くなった角質を除去し、新しく健康な肌をよみがえらせます。いずれも大人にきびの対策としても用いられますが、専門家の診断をうけ、自分に合ったピーリングを見つけることが大切です。

レーザーピーリング

「レーザーピーリング」とは、お肌にレーザー光線をあて照射することで、古くなった角質を取り除く、ニキビケアにも効果の期待できるピーリングです。レーザーピーリングには、コラーゲン等を増やす働きもあり、アンチエイジングにも効果を期待できます。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングはニキビに効果があるとされ、最近では一般の皮膚科にも取り入れられているようです。ピーリングとは日本語でいうと「剥ぐ」という意味で、その名の通り皮膚の表面を「剥がす」治療法です。実際は、皮膚にフルーツ酸などの薬品を塗り、皮膚表面の角質層を溶かして、新しい皮膚を再生し、ターンオーバーを促進し、健康な肌へ導くというものです。普段行われているターンオーバーを促進することで、古い角質を除去し、ニキビ予防にもつながるとされています。

ケミカルピーリングに使用される酸はフルーツ酸や乳酸など、安全で肌に優しい薬剤が使われており、病院やサロンでは、それぞれの肌質に合わせ、酸の種類や濃度を調整しているそうです。ただ、ピーリング後は、肌が無防備になっているので、きちんと紫外線対策を行い、定められたアフターケアを自宅でも行うことが重要です。

ケミカルピーリングのシステム

ケミカルピーリングのシステムは一般的に、病院やエステサロンに3~4週間に1回のペースで通い、合計5回程度行うことが多いようです。それ以上行うと、肌やニキビに負担をかけてしまう恐れがあるので、ピーリングはこれくらいのサイクルでおこなわれています。

ケミカルピーリングを行っている病院やエステサロンによって違いますが、1回当たりの所要時間は30分程度で、自分の肌の症状に合った酸が塗られるということです。費用も施設によってまちまちで、1回5千円~1万円前後というのが多いようです。ちなみに、健康保険の適用はありませんので、注意しましょう。あらかじめ費用を電話や相談の際に確認されることをおすすめします。

クリスタルピーリング

「クリスタルピーリング」とは、特別なアルミニウムの粉を吹きつけ、角質を削っていくというピーリングの一種です。クリスタルピーリングの他に、金属バーに付けたダイヤモンドを皮膚にあて、角質を削るという「ダイヤモンドピーリング」という方法もあります。古い角質を除去し、肌のターンオーバーを促進するので、ニキビに効果があるといわれています。

ケミカルピーリングと違い、薬剤を使用しない「ノンケミカル」な手法なので、肌にも優しいとされ、クリスタルやダイヤモンドによるピーリングの方が、よりなめらかな肌になったと感じる声もあるようです。

薬剤の種類

ケミカルピーリングは、古い角質を除去し、肌が行っているターンオーバーの働きを助けるもので、ニキビにも効果的だといわれています。ケミカルピーリングは、皮膚に薬品を塗布し、皮膚表面の角質層を溶かして、新しい皮膚の再生を導き、ニキビに悩まされない肌になれると評判ですが、ピーリングの薬剤には、いくつかの種類があるそうです。「AHA(アルファハイドロキシ酸・フルーツ酸)」、「TCA(トリクロロ酢酸)」、「乳酸」、「サリチル酸」、「レチノイン酸」が代表的なものとしてあげられます。

中でも日本人に合うとされているのが、「AHAフルーツ酸」といわれるもので、ニキビ治療に効果を発揮するそうです。最近では、AHAフルーツ酸が配合された化粧品も販売されているので、まずはこれから始められるものいいかもしれません。

アフターケア

ケミカルピーリングをしたからといって、これでニキビから解放されたと、油断してはいけません。肌の表面を剥がすというピーリングの後、肌は無防備で敏感な状態になっています。特に日焼けしやすい状態になっていますので、紫外線からのケアを怠らないことが大切です。病院やサロンの指示に従って、日焼け止めを使用したり、また保湿にも十分気を使いましょう。

せっかくお金を払ってケミカルピーリングしたのに、逆に肌の状態を悪化させ、新たなニキビができたりしないように、アフターケアは怠らないことが肝心です。ケミカルピーリングのアフターケアとして病院やサロンによっては、ビタミンC導入などを行うところもあるようで、これを併用することで、いっそうの効果があるともいわれています。