自分でできるニキビケア

自分でできるにきび予防と使うもの・にきび跡のお手入れの注意点

お部屋で出来るニキビケア

カテキンでニキビケア

カテキンを多く含む緑茶が、ニキビケアに高い効果を発揮するといわれています。特に、カテキンには活性酸素を除去する働きがあるので、炎症系のニキビケアに効果的だそうです(活性酸素にはニキビに炎症を起こすといわれています)。効果があるからといって、がぶがぶ飲むのは少し待ってください。緑茶にはカフェインも含まれているので、大量に飲むと胃痛や食欲不振などを引き起こすケースもあるので、胃の弱い人は注意してください。

最近ではカフェインを含まない、カテキンだけを摂れるサプリメントも販売されているようなので、そちらを利用するのもいいかもしれませんね。ただ、せっかくカテキンを摂っても、牛乳などに含まれるタンパク質と結合すると、効果が薄れてしまうので、緑茶やカテキンサプリメントは乳製品と一緒に摂らないよう気をつけましょう。

メイク

ニキビができているけど、外出時にノーメイクは困る・メイクで何とかケアしたい、という声も女性には多く聞かれます。ニキビを何とか隠したいと、ついついニキビの上から、ファンデーションを厚塗りしてはいないでしょうか。肌にファンデーションをべったり厚塗りすると、お肌に負担をかけてしまう結果になるので注意が必要です。

そんなときには、「コンシーラー」を使ってみてください。どうしても隠したいニキビ(赤くなっている部分)だけにちょんちょんとコンシーラーを塗り、ファンデーションはなるべく薄くするとよいでしょう。注意してほしいのは、ニキビ跡や赤みのカバー用のコンシーラーを選ぶことです。他の目的のコンシーラーの中には、かえってニキビを目立たせたり、悪化させてしまうことがあるので注意しましょう。また、下地からファンデーションまで一式揃えたニキビ専用メイクアイテムも、肌に負担をかけにくいのでニキビケアにはおすすめです。

スキンケア用品

日常のケアで大切なのは、洗顔と保湿です。正しい洗顔は、専用のスキンケア用品の洗顔料で、優しく肌を泡で包み、汚れを落とし、洗顔料をしっかりすすぎ落とすことです。洗顔後は、化粧水や保湿クリーム、美容液で保湿成分を補いましょう。

美容液に関しては、ノンオイルで低刺激なものを選ぶことが大切です。最近では、ニキビ専用の化粧品が数多く販売されていて、今では、薬局や皮膚科でも置かれています。まず、自分の肌にあうかどうか、サンプルなどで試してみて、自分にあったスキンケア用品を選んでください。正しいスキンケアをすることで、ニキビ対策だけではなく、美肌効果もアップすることでしょう。くれぐれも、高額の商品=良いものではないので気をつけましょう。

ニキビと睡眠

ニキビと睡眠…少し考えれば、肌にとって十分な睡眠が必要なのは、よくいわれていることです。現代の思春期世代、高校生は、成長ホルモンの影響だけではなく、睡眠時間が少ないことと食生活が原因で、ニキビが多くなっているのではないかと聞いています。

十分なケアをしているのに、良くならないと思っている人は、意外と睡眠時間を増やすことで、解決になるかもしれません。就寝中の午前1~3時の熟睡状態のとき、肌の新陳代謝に関わるモルモンが多く分泌されますが、その前に2~3時間の浅い眠りが必要です。

また血液は、夜間に骨や皮膚に多く循環しますから、十分な睡眠で、十分な栄養や酸素が皮膚に運ばれるわけです。健康な肌になるため、ニキビのケアのためには、十分な睡眠が必要です。睡眠時間を見直してみませんか。

タオル

ニキビのある方はもちろん、ニキビ跡を気にされている方にも、洗顔後のお手入れで注意してほしいことがあります。それはタオルです。一旦症状がでると、肌は刺激に弱くなっています。タオルで力強く肌をゴシゴシと拭くのは控え、優しく押さえ込むように水分をふき取ってください。また、タオルは、キレイで清潔なものを使いましょう。

せっかくキレイに洗顔したあとに、不衛生なタオルで肌を汚してしまうお手入れでは意味がありません。ニキビ跡を作らないためには、肌を刺激しないお手入れが大切なのです。もちろん、洗顔時からこすらないように優しく洗うことを意識し、洗顔後も柔らかくキレイなタオルをつかってください。

食事で予防

ニキビが発生するのには様々な原因がありますが、バランスのとれた食事をしていない結果として発症するということもあるようです。ニキビ予防に必要な栄養素は、ビタミンA、ビタミンB2、B6、ビタミンC、植物繊維などです。これらを多く含む食べ物としては、にんじん、パセリ、フルーツ、レバー、チーズ、卵、黒ごま、きなこ、ヨーグルトなどがあげられます。

また悪影響を及ぼすとされる食べ物に、甘いもの、肉類、コーヒー、バター、コーラなどがあるようです。これらの食品はなるべく避け、和食中心の食事にかえ、3食きちんと食べることが理想的な食事といわれています。

米ぬかあずきパック

米ぬかあずきパックは手作りでできる予防法です。米ぬかあずきパックに含まれる、米ぬかとあずきには、美白効果があり、肌を守るサポニンが含まれているあずきは、毛穴の汚れや古い角質を取り除き、血行をよくする働きがあります。

米ぬかあずきパックの作り方

材料

  • 米ぬか:小さじ1
  • あずきパウダー:小さじ1
  • 牛乳:大さじ1
  • 小麦粉:大さじ1
  • はちみつ:小さじ1
  • ジュニバーベリー精油(エッセンシャルオイル):2~3滴

作り方

  1. 米ぬか・あずきパウダー・小麦粉を混ぜておく。
  2. 牛乳を少し温め、はちみつと精油を加えてよく混ぜる。
  3. に1を加え、クリーム状になるまでよく混ぜる。

パックとしての状態は、調節してください。

使い方

  1. 洗顔後、目の周りをさけて、顔全体にパック。
  2. 10分ほどそのままにして、完全にかわかないうちにぬるま湯で洗い流す。

自由が丘近辺でハーフバースデーフォトを撮るなら