サプリメントでニキビを体内からケア

ニキビに効果的といわれるサプリメントを摂取して体の内側から治す

サプリメントでニキビケア

ニキビでお悩みの方は、ニキビに効果的といわれるサプリメントを摂取して、体の内側から治すことを意識されてはいかがでしょうか。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、皮膚の潤いを作り出す成分で、コラーゲンなどの繊維質の成分を合成したり水分を蓄える、細胞の潤滑剤として働きます。化粧水や美容液といった肌に塗るものでは、ヒアルロン酸の効果はそこにしかあらわれませんが、サプリメントでヒアルロン酸を体内に摂りいれることで、全身の肌に効果がでるといいます。ただ、高分子のものだと吸収されにくいそうなので、低分子のサプリメントのほうがよりおすすめです。

大豆イソフラボン

「大豆イソフラボン」は、フラボノイドの一種であり、大豆胚芽に含まれている物質です。このイソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きがあるといわれており、皮脂を分泌する男性ホルモンを抑制し、崩れたホルモンのバランスを正常に整える働きがあるそうです。ニキビの原因のひとつにホルモンバランスの崩れがありますが、大豆イソフラボンを摂取することで、改善につながるといわれています。

また、大豆イソフラボンはサプリメントではなく、日常の食事でも摂ることができるので、サプリメントでイソフラボンを摂取する場合は、欲張らずに規定量を守るようにしましょう。食品安全委員会の調査によると、1日30mg程度までが望ましいとのことですので、参考にしてください。

ビタミンC

ニキビには、ビタミンCをより吸収されやすくした「ビタミンC誘導体」が効くといわれています。そもそも「ビタミンC」は、肌の張りを維持するコラーゲンを作るのに欠かせない成分で、しみ・そばかすの原因:メラニン色素を抑制し、免疫力を高めるのに効くといいます。

にがり

「にがり」というもニキビケアに効くといわれるもののひとつです。にがりの成分はマグネシウムで、セラミドの合成に効くとされています。にがりを採ることで、肌のシワ予防にも役立つそうです。また、腸を刺激するので、便秘解消にも効くといわれています。

アルファリポ酸

活性酸素をやっつけるのに効くといわれる成分に「アルファリポ酸」があります。この「アルファリポ酸」は、特別なものではなく、体内のほとんどの細胞に存在している補酵素とよばれるもので、細胞がエネルギーを作り出すのに重要な役割を果たすそうです。また「アルファリポ酸」は、抗酸化力に優れておりなんとビタミンEの400倍もの力があると言いますから驚きです。この抗酸化力で、ニキビを予防・解消するだけではなく、細胞の生まれ変わりを助けるのだそうです。これが「アルファリポ酸」が老化防止にも効くと言われている一つの要因でもあるのでしょう。